back

2017.10.05

野菜を育てる土壌は弱酸性が適しています。
酸性、中性、アルカリ性の指数を表すPH(ピーエイチ、ペーハー)で6.0から6.5が
多くの野菜は良いとされていますので、白壁farm Doraは6.0から6.5になるように調整しています。
ちなみに中性は7.0、それより高いとアルカリ性で、低いと酸性という事です。

不思議なもので、同じ土を使って同じ量の肥料を加えても、区画ごとに少しずつ数値は違うんです。
さらに驚くのは同じ区画内でも測定する場所によって違ったりします。
なぜPH(酸性度)が野菜を育てる上で重要かと言うと、酸性に傾きすぎると根が傷んでしまって
枯れてしまうとか、逆にアルカリ性に傾くと育ちが悪くなったりしてしまうからなんです。

PHは雨や肥料、育てている野菜に影響されて変化する事もありますので、
あまり過敏になる必要もありませんが、野菜が育たない原因は、
肥料や水やりの他にもPHが影響している事もあります。
PH計は道具コーナーにありますので、気になったら測定してみてください。

みなさんの野菜たちが元気いっぱい育ちますように!! Ciao

DORA ドーラ